歴史から見た世界遺産



行ってみたい世界遺産の情報を紹介します
いわゆる百科事典的な知識は最低限にして、未来の地球に残すべきすばらしい遺産を巡ってみたいと思います
世界の歴史を振り返りながら世界遺産を見てみると、楽しみが倍増するのではないでしょうか

世界四大文明

世界中に文明発祥の地と言われている地域は何か所かあります
その中で、存在が確認されていて有名なものが世界四大文明です
メソポタミア文明・エジプト文明・インダス文明・黄河文明が、世界四大文明です
我々人類の偉大な歴史のスタート地点をぜひ見てみたいものです


2014年08月26日

明、清朝の皇宮群(文化遺産)

紫禁城
「紫禁城」という名前で有名な中国歴代皇帝の皇宮です
明朝と清朝の皇帝24人が約500年に渡って宮殿としてきたのが紫禁城です 映画「ラストエンペラー」を見てから、行くとより感動すると思います
明代の紫禁城は1644年に焼失しましたが、清朝により再建されました
    そして清朝の皇宮とまし、現在は博物館となっています
    台湾の台北にもほとんど同じ作りの故宮博物館があります
    国民軍が台湾へ逃げる時に、北京から大量の品物を持って行き博物館にかざっているそうです
当時の中国には「中華思想」という「中国が世界の中心である」という考えがあり、その中華の最高権力の中枢を偲ぶことが出来ます

posted by ミム at 23:48| Comment(0) | 中国の世界遺産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: