歴史から見た世界遺産



行ってみたい世界遺産の情報を紹介します
いわゆる百科事典的な知識は最低限にして、未来の地球に残すべきすばらしい遺産を巡ってみたいと思います
世界の歴史を振り返りながら世界遺産を見てみると、楽しみが倍増するのではないでしょうか

世界四大文明

世界中に文明発祥の地と言われている地域は何か所かあります
その中で、存在が確認されていて有名なものが世界四大文明です
メソポタミア文明・エジプト文明・インダス文明・黄河文明が、世界四大文明です
我々人類の偉大な歴史のスタート地点をぜひ見てみたいものです


2014年09月23日

中国の世界遺産

中国には30か所の世界遺産があります。
長い歴史のある国なのですばらしい文化遺産が多くあり、自然遺産もたくさんあります。

万里の長城
万里の長城は紀元前7世紀から造り始めて2000年も造り続けてきたそうです。
世界最大の城壁で、人工衛星からも見える建造物です。
四方を海に囲まれた日本では思いつかない壮大なものです。

清朝の皇宮群
「紫禁城」という名前で有名な中国歴代皇帝の皇宮です。
当時の中国には「中華思想」という「中国が世界の中心である」という考えがあり、その中華の最高権力の中枢を偲ぶことが出来ます。

【泰山】
泰山(たいざん)は中華人民共和国山東省泰安市にある山で、高さは1,545mあります。
中国三大宗教のひとつである道教の聖地であり、中国五大名山の筆頭にランク付けされている霊山です(五岳独尊とも言われています)。
posted by ミム at 16:31| Comment(0) | 中国の世界遺産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: