歴史から見た世界遺産



行ってみたい世界遺産の情報を紹介します
いわゆる百科事典的な知識は最低限にして、未来の地球に残すべきすばらしい遺産を巡ってみたいと思います
世界の歴史を振り返りながら世界遺産を見てみると、楽しみが倍増するのではないでしょうか

世界四大文明

世界中に文明発祥の地と言われている地域は何か所かあります
その中で、存在が確認されていて有名なものが世界四大文明です
メソポタミア文明・エジプト文明・インダス文明・黄河文明が、世界四大文明です
我々人類の偉大な歴史のスタート地点をぜひ見てみたいものです


2014年03月25日

エジプト文明

エジプトは古くから砂漠だったために、ナイル河流域の周辺に住民が集まっていました

紀元前3000年前後にはすでに中央集権的な統一国家となっていました

ナイル河の上流地域と下流地域を上エジプトと下エジプトと呼び、それぞれ違った文化が発展しました


エジプト初期王朝


紀元前3150年頃、ナルメル王が上下エジプトを統一して、統一エジプト最初の王となりました

この時の首都はメンフィスです

文字が統一され、太陽暦が発明されて普及していました


エジプト古王国


紀元前2986年から紀元前2181年までをエジプト古王国といい、中央政権が安定しました

首都は、やはりメンフィスです

この頃にすでに階段型のピラミッドが建設されています

またギザの3大ピラミッドも造られました



エジプト中王国


紀元前2040年から紀元前1663年までがエジプト中王国です

首都はテーベです

この頃から青銅器を使い始めます

古王国の後、乱れた国を再統一したのが紀元前2040年頃です

世界遺産としては、古代都市テーベとその墓地遺跡が登録されています



エジプト新王国


エジプト中王国の後にまた国が乱れましたが、イアフメス王が紀元前1540年頃に統一しました

この頃にはナイル川流域にとどまらず領土を拡大しました

また、世界初の一神教と思われる太陽神アテンを崇める形が出来ました

しかし、紀元前1345年頃、ツタンカーメン王により多神教が復活しました

この後、古代イスラエル人がモーゼと共にエジプトを脱出して後世のユダヤ教を興します


エジプト末期王国


エジプト新王朝が衰退し、ギリシャやローマから侵攻されます

紀元前525年にペルシァ王カンビュセスがエジプトを征服し、その後ペルシャから独立します


プトレマイオス朝


紀元前332年には、アレキサンダー大王がエジプトを征服します

その後の紀元前30年には、クレオパトラが自殺してローマの属国になりました



posted by ミム at 20:20| Comment(0) | 世界四大文明
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: