歴史から見た世界遺産



行ってみたい世界遺産の情報を紹介します
いわゆる百科事典的な知識は最低限にして、未来の地球に残すべきすばらしい遺産を巡ってみたいと思います
世界の歴史を振り返りながら世界遺産を見てみると、楽しみが倍増するのではないでしょうか

世界四大文明

世界中に文明発祥の地と言われている地域は何か所かあります
その中で、存在が確認されていて有名なものが世界四大文明です
メソポタミア文明・エジプト文明・インダス文明・黄河文明が、世界四大文明です
我々人類の偉大な歴史のスタート地点をぜひ見てみたいものです


2014年04月13日

黄河文明

黄河文明は現在の中国の黄河の中下流域で栄えた文明で世界四大文明のひとつです

しかし最近では、黄河文明より古い長江文明の実在が確認されそうです


裴李崗文化


新石器時代の紀元前7000年頃の文化です(異説あり)

竪穴式住居に暮らしていて、粟などの畑作農業が行われていたようです

すでに陶器を作っていました

1977年に、河南省新鄭県裴李崗で窖穴・陶窖・墓葬の遺跡が発見されました

農具が出土しています


老官台文化


中国旅行紀元前6000年頃と思われる文化です

円形の竪穴式住居に暮らして、粟作などの畑作農業が行われていました

老官台遺址は、陝西省華県城西南の渭河支流西沙河付近から発見されました

陶器の破片が出土しています


北辛文化


老官台文化と同時代で、山東省滕県北辛で遺跡が発見されています

出土した陶器は黄褐色であることが特徴となっています


磁山文化


上記と同時代の文化で、河北省武安県磁山等で遺跡が発見されています

円形の竪穴式住居に暮らしていて、粟作などの畑作農業が行われていました

紅褐色の夾砂陶が特徴です


仰韶文化


紀元前4800年頃の文化で、1921年に河南省仰韶村で遺跡が発見されました

赤地に彩色した土器が特色です

紀元前4000年頃にはろくろが使われていたようです

紀元前3500年以降は、後期と呼ばれています

後期になると、社会の階層化が進んで貧富の差がありました

posted by ミム at 02:41| Comment(0) | 世界四大文明
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: