歴史から見た世界遺産



行ってみたい世界遺産の情報を紹介します
いわゆる百科事典的な知識は最低限にして、未来の地球に残すべきすばらしい遺産を巡ってみたいと思います
世界の歴史を振り返りながら世界遺産を見てみると、楽しみが倍増するのではないでしょうか

世界四大文明

世界中に文明発祥の地と言われている地域は何か所かあります
その中で、存在が確認されていて有名なものが世界四大文明です
メソポタミア文明・エジプト文明・インダス文明・黄河文明が、世界四大文明です
我々人類の偉大な歴史のスタート地点をぜひ見てみたいものです


2014年06月10日

アッシュール遺跡

アッシュールは、アッシリアの最初の首都です

チグリス川西岸にあり、その神の名もアッシリアと言います

紀元前13世紀頃から栄えていたと言われています

紀元前883年に首都が移された後は、アッシリアの宗教的な中心としての位置づけとなりました




ジッグラド


ashu1.jpg
アッシリアの見所は、ジッグラドと呼ばれる神殿です

ピラミッドに階段をつけたような形で、墓ではなくて神殿です

3000年近く前の遺跡で形は崩れつつあり、危機遺産に指定されています

イラクでは2件目の世界遺産です


posted by ミム at 17:20| Comment(0) | イスラムの世界遺産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: